再び市道472号線のこと

「三浦市民」さんからのコメントが続いていました。
あらためてコメント欄をお読みください。
http://mitomiura.exblog.jp/10751943/
あまりにもひどい内容なので,こちらにも「三浦市民」さんのコメントを転載します。
6月25日
とうとう市道472号線の通行止めが解除されました。とはいえ、東電の点検用階段の手前までだそうで、道路として整備されていないその先は市役所内で来週協議するそうです。とりあえずは、京急が設置した通行止め柵は何ら効力の無い物です。三浦市が、市道の自費工事の進捗状況を文書で質問したのに対し、京急は「環境アセスにもとずいて、希少動植物の移設する時期を待っている」とか全く関係の無い回答書を提出してきました。さらに、「市道の通行止めを解除すると希少動植物が盗まれる可能性がある」とまで書いてあるそうです。京急の関係者以外は盗人という事ですかね。
7月19日
7月9日、三浦市役所、土木課S主査から連絡がありました。市道472号線通行禁止位置の変更に関してですが、副市長の決済で不支持となり、却下されました。理由は「京急が8日付の文書で、来週12日より市道472号線の小網代側、北川上流部に重機を入れ、工事を始める」と通告してきた為だそうです。三浦市は民意を完全に無視し、京急の言い成りです。また、考え方によっては8月25日の裁判官の現地視察対策の様にも感じられます。この時には上流部の湿地は残っていないかもしれません。
13日朝、市道472号線の小網代側を見てきました。冒頭3枚目の写真の所が、斜面を削られ、整地されていました。土木課S主査に「合法か違法かどちらですか」と問うと、「違法ですが、すぐに工事申請してもらいます」との返事。「違法行為を中止させるのでは無く合法にする為の指導をしているのか」との問いには「そうゆうことになりますね」とあっさり認めました。やめさせるように猛抗議しましたが、「上に伝えます。」とS主査のいつものパターン。
S主査は12日のこの工事に立ち会っており、「斜面が削れたのは小型ショベルカーが斜面を登って削れた」と言い張っていますが、そんな事は100%ありません。キャタピラーの幅以上に整地されており、側面は縦約60cm削り取った跡があります。ショベルカーが登って削れただけであったら、現状回復させれば良いのであって、なぜ、新たな工事申請をしなければならないのか矛盾しています。
通行止め柵のすぐ先に小型ショベルカーが止まっており、その先数メーター先の樹木が伐採され、放置されています。この場所の残土搬入は少なくても6~7年後のはずです。三浦市と京急はこんな子供じみた行為で通行止め解除を回避しました。
絶対に許せません。

ブログの特性で,過去の記事に対するコメントは見落としがちです。
こんなひどいことが起きていることを皆さん認識してください。


公共性・公正さがもっとも重視されるべき行政である三浦市と
やりたい放題の京急の「連携」はあまりにもひどすぎませんか?

[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-07-29 09:53 | ニュース

企業にとっても国際生物多様性年です

こんな記事があります。
2010年は「国際生物多様性年」、大企業も行動計画の策定に動く
(前略)企業は「生物多様性の保全に貢献することで
商品や企業の価値を高めることができる」という視点を忘れてはならない。』
とあります。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20100726/238578/?rota-home

こんな時代なのに,京急は今日も湿地を埋め,森を壊し続けます。

もうひとつの搬入路も着々と出来ているようです。

http://eeg.jp/dpA5

今からでも事業を中止して,方向転換しませんか?
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-07-29 06:36 | ニュース

ダンプはどこから来ている?

7月24日(土),たくさんのダンプが泥を運んできていました。
搬入路から湿地へ下りると,上流部の方へ向かいました。
上流部もどんどん埋め立てられるのでしょう。
裁判になっていることなど,お構いなしです。
埋めた者勝ちということでしょうか?ひどい話です。

ダンプのナンバープレートは,横浜,湘南,相模,そしてなんと山梨
神奈川県内の発生土ではなかったのですか?
それともダンプが出稼ぎなのですか?


ダンプの多くは産業廃棄物を載せる表示がしてありました。
積んでいたのは一見泥でした。
ゲートで秤に乗った後は泥の検査をすることもなく搬入路へ。
これでは,何が埋められているか全くわかりませんね。


a0117563_944434.jpg

[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-07-24 17:34 | 工事の進展具合

「小網代の森の保全関する説明会」に行ってきました

7月16日(金)17:15~三浦市初声市民センターで行われた,
「小網代の森の保全に関する説明会」に行ってきました。
主催は,神奈川県環境農政局水・緑部自然環境保全課と,
三浦市環境部環境課でした。

まったく最低の,よくわからない説明会でした。

「小網代の森に関することしかご質問は受け付けません」
と最初に明言されました(それはよくわかります)。
ところが,小網代の森についてでも,
北川湿地の関連についての質問には一切答えませんでした。
答えない理由さえ言われませんでした。
北川湿地のことを明らかに避けていました。

また,重要な回答が得られました。
「北川湿地から小網代の森に移植された植物についてどうなっていますか?」
という質問に対しては,はっきりと,
「移していません」
という回答でした。


京急はアセスで約束したことを実行していないことが明らかになりました。

まだ工事着工前の環境農政部長の発言がウソだったこともわかりました。
http://mitomiura.exblog.jp/8443676/
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-07-16 23:00 | ニュース

上流部現地の様子

工事はどんどん進んでいます。
裁判におけるのらりくらりの被告代理人の姿を重ね合わせると,
本当に怒りがこみ上げてきます。

こんなサイトがあります。
「北川の杜 北川湿地とその森」
http://eeg.jp/dpA5

まさに定点観測的に工事の進行状況が記録されています。
京急による暴力的環境破壊の威力は,
緑を求めてここにお住まいの方々の心を踏みにじります。

[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-07-11 10:16 | 工事の進展具合

皆様からいただいた署名を提出しました

皆様からいただいた署名を,京急本社に提出しました。
いただいた署名数は,10870名分でした。
皆様,本当にありがとうございました。

京急側は,広報課課長補佐Iさんが応対されました。

これを社長にお渡しください,とお願いしました。

はい,と回答されました。
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-07-06 18:31 | お知らせ

差し止め訴訟の第2回口頭弁論期日が終わりました

7月6日(火)10:30より横浜地方裁判所502号法廷において,
三浦市三戸地区発生土処分場建設事業の差し止めを求めた訴訟における,
第2回口頭弁論期日が終わりました。

今回もたくさんの方に傍聴していただきました。ありがとうございました。

裁判長は,被告代理人に対して,
提出された書面に内容がひどいことを痛烈に指摘されていました。
「北川湿地とビオトープの位置関係を含め説明になっていない。これでは,
ビオトープを宅地開発して北川湿地の自然を保全すればいいとの見方も出てきます。」
といった内容のことまで言われました。

被告代理人はもっときちんとやって欲しいものです。
私たちは,たくさんの証拠をきちんとした形で提出しています。

前回の公判では,裁判長がこう言われたと記憶しています。
「合意があったとしているが,どんな合意があったのか証拠としてきちんと提出してください。
証拠書類があまりにもないので進められません・・・・・」

私たちの三浦市と神奈川県への情報公開請求では,
「平成7年の合意文書」というのもは「文書不存在」という回答でした。
つまり,ちゃんとした合意のない事業計画を,なぁなぁでやっているということでしょう。
三浦市も,神奈川県も合意をしていないのに,完全に企業(京急)寄りの動きをしています。

皆さん,こんな行政と企業を許してよいのでしょうか?
これでは未来の子どもたちに何も残せなくなってしまいます。

さて,次回の公判は8月12日16:30となっています。
次回もたくさんの方の傍聴をお願いします。
被告代理人がサンドバッグ状態になるのを次回も見ることができるでしょうか。
見たい気持ちもしますが(笑),出来ればきちんと審理をしていただきたいです。


また,8月25日には裁判官と書記官の2名が北川湿地に入ります。
北川湿地の豊かな自然が失われていればいるほど,
京急が酷い企業であることが暴かれるでしょう。

[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-07-06 18:28 | お知らせ

京急の株主総会に行ってきました

本日行われた,京急の株主総会に行ってきました。
会場には2000人ほどの株主の皆さんが参加されていました。

質疑応答になり,
「国際生物多様性年であり環境の時代といわれるときに,
どうして湿地を残土で埋めるのか?
マスコミにも取りあげられ反対の声があるのに,中断できないのか?」
といった趣旨の質問に対して,
佐藤昌弘地域開発本部長は
「50年来の地元との計画があり・・・・・
小網代の森を保全しており・・・・・
将来は宅地にするために・・・・・」
と,これまでと同様のくり返しで,うんざりでした。

ところでこの専務取締役はこの度ご退任のようです。
彼を含む退任取締役および退任監査役(合計5人)には
総額1億2638万円もの退職慰労金が贈呈される議案が決議されました。
湿地を埋め逃げして,たくさんの慰労金がもらえてすごいですね。

皆さん,京急は株主総会で「宅地にする」と明言しましたよ!
湿地に残土をぶち込んでズブズブの上に家を建てるんでしょうね。
今後の推移を確かに見届けたいものです。

会場の外では「北川湿地を守りたいひとびとの輪」の方たちが,
会場に出入りする株主の皆さんに湿地のことをお話しされていました。
ありがとうございました。

こんなページを見つけました・・・
京急に対する掲示板
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=q&board=9006
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-06-29 20:34 | ニュース

北川湿地の記事2件

北川湿地のことが記事になっています。

【月刊誌 Actio 7月号】
ちいさないのちの大きな輪⑦
京浜急行に乗りたくなくなっちゃった
-三浦半島北川湿地に残土をぶちこむ??-


高尾山の自然を守る活動をされている坂田昌子さんの記事です。
「今,7分に1種類のスピードで地球から生き物が消えている。今年10月には名古屋で世界中の国々が集まりCOP10が開催されるのも,この恐るべき種の絶滅のスピードを止めなくてはヒトにも未来はないからだ。京浜急行は,この流れに逆行爆走中!!なんだか京浜急行にはもう乗りたくないなぁ。」
と結んであります。

http://actio.gr.jp/


【My News Japan】
マイニュース
京急電鉄が蛍が舞う神奈川県最大の湿地を残土処分場に 住民反対


ネットで配信されているニュースで,朝倉創さんの記事です。

http://www.mynewsjapan.com/reports/1257

「こういった京急電鉄の強引な事業に対し、「北川湿地を守りたいひとびとの
輪」というネットワークが立ち上がり、訴訟などとは違ったアプローチで京急
電鉄に工事反対の意志を伝えられないかと「北川湿地の生き物手つなぎプロ
ジェクト」を起こした。
 今回の反対運動「北川湿地の生き物 手つなぎプロジェクト」は、残土処分
場となる25ヘクタールの湿地を工事に反対する人達が手をつないで囲もうと
いうアプローチで行なわれた。当日の11時過ぎには300人近い人々が手を
つないで湿地を囲み、その姿は圧巻であり感動的でもあった。」
とあります。
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-06-18 18:49 | マスコミ、取材

市道472号線の整備

「三浦市民さん」から連絡をいただきました。
「今朝、市道472号小網代側のコンクリート道の先を整備してきました。雑草を刈り、市役所が設置したポールにビニールロープを張り、道路を明確に解るようになっています。一か所だけ女性と子供は厳しいかなと思われる1.5mぐらいの斜面がありますが、ロープかハシゴのような物で対応できると思います。」
とのことでした。
三浦市は京急に早く封鎖を解除するよう文書で連絡を入れるはずです。
一日も早い通行止め解除が望まれます。

本来は,通行止めが違法だったと言うことでしょう。こんなの有りでしょうか。

もうすぐ,ホタルの季節ですね・・・。
a0117563_14343756.jpg
a0117563_1435537.jpg
a0117563_14345665.jpg

[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-06-05 14:37 | ニュース

5月30日(日)鎌人いち場(鎌倉由比ヶ浜)でお会いしましょう

来る5月30日(日),鎌倉の由比ヶ浜で行われる「鎌人いち場」にブースを出します。
時間は9:00~16:00です。
イベントの詳細は,
http://www.kamandoichiba.com/index.html
三浦・三戸自然環境保全連絡会では,
写真展示,資料の配付,田んぼのジオラマ,音楽をやります。
どうぞ皆さんお越しください!
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-28 09:35 | お知らせ

環境大臣も知っている北川湿地

以前のこのブログでもご紹介した,スウェーデン自然学校関連のニュースです。
4月2日,スウェーデン自然学校の訪日団が小沢環境大臣を訪問しました。
そのときのことが,こちらのページに書いてありました。
http://groups.yahoo.co.jp/group/SustainableSweden/message/120
(以下引用)4月2日(金)、スウェーデンの自然学校代表団は帰国する前の日に小沢環境大臣に会う機会をもちました。16:00-16:30、通訳を入れて30分だけのミーティングでしたが、日本を旅行して経験したことなどを話題にするミーティングでしたのでその様子を伝えたいと思い、サマリーを作りました。関係する書類や写真もホームページで提供しています。(中略)
最初の写真はスウェーデン南部にある国立公園の写真でした。Skaralid(スケーラリード)というところで、日本の景色を見ながらローベルトさんが思い出したところです。森に覆われた急斜面に囲まれた谷で、湿地や沼があります。その場所はスウェーデンの最初の自然学校が始まったところで、当時は環境保護庁の施設を使っていました。現在、この谷は国立公園になっています。大臣は最初その写真を日本の景色だと思ったようですが、それはスウェーデンの景色だと確認しました。次に、スケーラリードと景色が似ている北川湿地の写真を見せました。「ここはスウェーデンと同じように、大人も子供も参加できる環境教育を行う場所として適しているので、これからなくなるということを知って、とても心配しています。というのはこの谷底は土砂で埋め立てられる予定になっているそうです。」とミアさんは説明しました。そして北川湿地の土砂搬入路を作っているブルドーザーの写真も見せました。大臣はスタッフにこの北川湿地のことを知っているかどうかを確認しました。知っているとうなずくスタッフがいました。大臣はローベルトさんが写真を見せ始める時にスタッフに声をかけてかれらも大臣の後ろから写真を見れるようにしてくれました。(後略)

詳しくは,
持続可能なスウェーデン協会(Sustainable Sweden Association in Japan)
日本代表レーナ・リンダル(Lena Lindahl)さんのページでどうぞ!
http://www.netjoy.ne.jp/~lena/ssa.html

環境大臣!首都圏の奇跡の谷戸「北川湿地」をご存知なら,問題解決に向けて話を聞いていただけませんか?

北川湿地を守りたい皆さん,声を環境大臣に届けてください。

小沢環境大臣の公式ホームページではメールで質問を受け付けています。
http://www.e-ozawa.net/
『小沢さきひと環境大臣が皆様の質問に直接お答えする新コーナー、「小沢環境大臣への質問!」をスタートいたしました。大臣自らがお寄せいただいた質問に目を通し、特にみなさまの興味の高い質問には可能な限りお答え致します。下記のメルアドまで、どしどしご質問をお寄せ下さい!』とあります。
qa★e-ozawa.net  (★は@に換えてください)
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-26 06:27 | ニュース

北川湿地のホタル

北川湿地のホタルがどんなにすばらしいかご存知ですか?

北川湿地にホタルがたくさん生息していることは
三浦の自然を学ぶ会の方々により発見されました。
2007年のことです。
三浦市にも神奈川県にも報告されました。
そこで,京急にも神奈川県からの連絡で知らされ,
京急の担当者とアセスを請け負っている新日本開発工業の担当者が,
三浦の自然を学ぶ会の方の案内で現地を見学しました。
a0117563_1881493.jpg

そのときのコメントとして,
「今回のホタルについては,長くこのような調査に関わっているけれども,こんなに乱舞するホタルは見たことがない。それもゲンジボタルとへイケボタルの種類が同時に見られ,その上光るホタルの幼虫を見つけられたことは貴重な体験である」
との感想を述べられたとのことです。

北川湿地のホタルについて簡単に説明いたします。

例年では6月第2週に上流部の南側の支流,入り組んだ谷戸の奥に,
ゲンジボタルが観察されます。
三浦半島でゲンジボタルが観察できるところは珍しくないのですが,
北川湿地のゲンジボタルは,その数が圧倒的に多く,ほぼ無数なのがすごいです。
時間は天気にもよりますが,19時半くらいから光り始めます。
光の色調としては青白い光で,強く明るいのが特徴です。
オスは約4秒間隔で明滅をくり返しながら木立の中を優雅に飛び回ります。
サイズも約2cmと大型です。
a0117563_1892273.jpg

また,ヘイケボタルは7月上旬に下流部の方から出現し始め,
上流部の最盛期は7月下旬となります。
したがって約1ヶ月観察を楽しむことができます。
ヘイケボタルは神奈川県レッドデータで準絶滅危惧種とされるくらい希少です。
北川の流れを覆う藪の中に,こちらも無数と言っていいほど観察できます。
その光は,プラネタリウムの様とも夜景の様とも例えることができます。
ゲンジボタルと比較すると少し弱い光で黄色みを帯びているのが特徴です。
サイズは約1cmとゲンジボタルより小型です。
a0117563_1815839.jpg


皆さん,北川湿地が埋められる前に
このすばらしいホタルを見たいと思いませんか?



a0117563_18111187.jpg

               ヘイケボタルの光  写真撮影:矢部洋一氏

a0117563_18115072.jpg

         夜に輝くハンゲショウ  写真撮影:矢部洋一氏
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-23 18:27 | 北川の自然

市道472号線の封鎖は解除される?!

皆さん,ニュースです。
市道の封鎖について,
三浦市や警察に対して動いてくださっている「三浦市民」さんからの連絡で,
本日,三浦市の土木課長さんから,
「市道の封鎖を解除するよう京急に連絡した」との電話が入ったそうです。
やはり,市道の封鎖には合理性・正当性がなかったと言うことでしょうか?
一日も早い解除が望まれます。
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-21 22:08 | ニュース

差し止め訴訟の第1回口頭弁論期日が終わりました

5月18日(火)10:30より横浜地方裁判所502号法廷において,
三浦市三戸地区発生土処分場建設事業の差し止めを求めた訴訟における,
第1回口頭弁論期日が終わりました。
当日は,傍聴席がほぼ満席となる状況で,原告・被告関係者ほか,
たくさんの方にご参集いただきました。ありがとうございました。

裁判長より請求の趣旨の確認があり,
原告らの主張主旨が口述されました。
その後,検証の請求がされましたが時期の関係で却下され,
現地和解が原告代理人より提案されましたが,
裁判長の方から「まずは湿地のビデオ撮影等をしたらどうか」と
代理人同士で協議することについて提案がなされました。
被告代理人は「検討する」と持ち帰りました。

原告らの主張主旨については整理したものを後ほど公開できると思います。

次回第2回期日は7月6日(火)10:30~となりました。
皆様の傍聴を歓迎します。
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-18 17:42 | ニュース

「遠くの小さな命たちを」という歌を聴いてください

北川湿地の埋め立てが始まりました。
埋め立てが始まったことは生き物たちには知らされません。
埋め立てられていく生き物たちの声は伝わりません。

「遠くの小さな命たちを」という歌を聴いてください。
昨年9月27日のシンポジウム・ミニミニコンサートで披露された歌です。
a0117563_16222398.jpg

私たちのホームページからどうぞ。
http://www.kndmst.net/mito/
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-17 16:22 | お知らせ

土砂が入り始めました

とうとう土砂が入り始めました。
この上なく残念です。

本日11:50から12:00までの間にカウントしたところ、ちょうど10台が入場しました。
1分に1台のペースで、想定していた以上の台数です。
どこから集まってきたのでしょう。

訴訟の最中でありながら、無視して強行するようです。
早く差し止めのための抗議の声を上げましょう。


入場を待つ大型ダンプ
a0117563_15142715.jpg
a0117563_15145251.jpg



むしばまれていく湿地
a0117563_15152799.jpg

[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-14 14:01 | ニュース

市道の違法封鎖が解除

5月5日に警備会社が市道472号線をバリケードとバイクで封鎖していた箇所は、解除されていました。
警察か三浦市役所による撤去命令があったものと思われます。
今まで通り、472号線の途中まで観察に行けるようになりました。
a0117563_1459093.jpg


ハコネウツギの花が何事もないように咲いています。
湿地からは、アオガエルの合唱が悲しく響きます。
a0117563_1515288.jpg

[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-14 12:56

5月18日公判のお知らせ

5月18日(火)10:30~横浜地方裁判所にて第1回口頭弁論が行われます。
どなたでも自由に傍聴していただくことができます。
北川湿地問題に関心をお持ちの皆様,ぜひ傍聴をお願いします。
この問題に対して,多くの市民が関心を持っていることをお示しください。

横浜地方裁判所は,みなとみらい線日本大通り駅から徒歩1分,JR京浜東北線関内駅・横浜市営地下鉄線関内駅から徒歩約10分です。
横浜地方裁判所 ↓
http://www.courts.go.jp/yokohama/
地図 ↓
http://www.courts.go.jp/yokohama/about/syozai/yokohamatisai.html

マスコミ関係の方へ
同日午前11時より記者会見を横浜弁護士会の弁護士会館(裁判所に隣接)にて行う予定です。
[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-12 06:09 | お知らせ

5月12日葉山芸術祭・レインボーカフェでワークショップ

5月12日(水),葉山芸術祭のイベントのひとつとして,
トランジション葉山の皆さんがワークショップを企画してくださいました。

葉山 芸術祭
5月12日(水)葉山町森戸海岸「レインボーカフェ」(http://www.r-c.jp/
14:00~16:00  北川湿地のビデオやスライドの上映,トークほか
19:00~21:00  北川湿地のビデオやスライドの上映,トークほか
             +北川湿地を未来に残すためのワークショップ・ワールドカフェ 
主 催:トランジッション葉山
トランジション葉山の連絡先:transitionhayama@gmail.com
トランジション葉山の ブログ:http://tthayama.blog10.fc2.com/
葉山芸術祭のHP:http://www.kanshin.jp/hayama-artfes/

葉山の皆さんの環境への関心はとても高く,
いつも感心させられます。
5月5日の手つなぎプロジェクトにも大勢の方がお見えになりました。

写真は,4月15日,逗子のCOYAさんで開催されたお話会の様子です。
ご参加いただいた皆様,ありがとうございました。
a0117563_20423565.jpg

[PR]
# by mito-kitagawa | 2010-05-09 20:46 | お知らせ