「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ホームページが復帰しました

当会のホームページが技術的トラブルにより数日間ダウンしておりましたが、本日復帰しました。
ご不便をおかけし申し訳ございませんでした。
また、トップページより「エコパーク構想」が閲覧できるようになりました。
このpdfファイルはご自由にダウンロード・配布できます。どうぞご利用ください。

http://www.kndmst.net/mito/
[PR]
by mito-kitagawa | 2010-02-10 21:21 | お知らせ

2月2日は「世界湿地の日」

2月2日は,1971年にイランのラムサールで「ラムサール条約」が採択されたことを記念して,「世界湿地の日(World Wetlands Day)」とされた日です。
2010年の世界湿地の日のテーマは「上流-下流 湿地がみんなをつなげている」です。

http://wi-japan.org/WWD.html

この日を記念して各地で湿地に関するイベント等が行われます。
当連絡会では,「三戸地区エコパーク構想」を提案しています。
北川湿地を中核として,開発と湿地のワイズユースが共存し,企業,農家,地元市民,都会の市民が「つながる」提案です。
持続可能な発展ができる「環境共生都市みうら」を目指しています。

(「三戸地区エコパーク構想」についての詳細はあらためてご報告します。今しばらくお待ちください。)

ちなみに昨年度(2008年度)のテーマは「健康な湿地、健康な人々」でした。
環境省から発表された資料を紹介します。↓
(前略)テーマは「健康な湿地、健康な人々」です。これは、健康な湿地を維持することにより、食物や清潔な水、医薬品の供給等、人の健康に好適な影響がもたらされる一方で、湿地の管理が不適切だと、水の汚染や水に関係する疾病の発生、泥炭地の火事、洪水等、人の健康にとどまらず命さえも奪うような負の効果をもたらしかねないことを人々に紹介するものです。(後略)

世界で,日本で,このようなことが提案されているのと同時進行して,北川湿地の発生土処分場建設事業が立ち上がったことに強い憤りを覚えます。
神奈川県と三浦市は,ひどく時代から取り残されたこの状況をどう考えるのでしょうか?
[PR]
by mito-kitagawa | 2010-02-02 08:20 | ニュース

発生土処分場事業は定款にない業務?

今更ですが,京浜急行電鉄株式会社の定款を見てみました。
こちらにあります。 ↓
http://tekijikaiji.com/pdf/200906/200906261024.pdf
あらためて読むと,第2条「本会社は,次の事業を営むことを目的とする。」の中に,
「発生土処分場建設事業」はありません。


1.鉄道事業
2.道路運送事業
3.海上運送業
4.土地建物の売買,賃貸,仲介および管理
5.土木建築工事ならびに電気工事の設計,施工および請負
6.百貨店業
7.観光,レジャー,スポーツおよび文化施設の経営
8.ホテル,旅館および飲食店の経営
9.旅行業
10.広告業
11.駐車場の経営
12.自動車学校等各種学校の経営
13.飲食料品,日用品雑貨および刊行物の販売
14.損害保険代理業および生命保険募集業
15.車両,電気機器の販売および修理
16.情報提供・処理サービス業,ソフトウェア業
17.コンピュータおよびその周辺機器の販売
18.電気通信事業および有線放送事業
19.造林業および造園業
20.経理事務および給与計算,福利厚生,研修等に関する事務の業務受託事業
21.労働者派遣事業
22.建物内外の保守管理および警備,清掃業
23.葬儀業
24. ショッピングセンターの経営
25. 金融業
26. 海洋深層水ならびに天然水の取水,製造および販売業
27. 公衆浴場の経営
28. クリーニング業
29.前各号に付帯関連する一切の業務

結構細かい事業名まで書いてあるので,
発生土処分場について書かれていないのがちょっと不思議に思いました。
これって会社としてオッケーなのでしょうか?
[PR]
by mito-kitagawa | 2010-02-01 15:23 | ニュース