カテゴリ:工事の進展具合( 18 )

工事は急ピッチに

3月24日,現地の様子です。
 農地造成側の搬入路からは,「どこでこんなに土砂がでるんだろう?」と思うくらいにダンプが入っていました。多い時には1分間で数台も入っている状況です。茶色い土もありましたが,明るい灰色の泥岩の固まりのようなものもたくさん搬入されていました。しかも,台ばかりには乗っていましたが,積載物は相変わらずノーチェックです。これでは,コンクリートなどの産廃が紛れていても誰にもわかりません。
(ダンプの写真はありません)

 市道472号線の小網代側では,新しい坂道ができていました。
a0117563_1037379.jpg

何だろうと思って進むと,フェンスの向こうにユンボが見えました。
a0117563_10384153.jpg

この写真ではよくわかりませんが,ユンボの周りではコナラの木が伐採され薪のように積まれていました。こんな尾根道,埋め立てとは関係ないだろうに,どうして木を切るのでしょう?事業者は自然に対する配慮など皆無であることがよくわかります。

 市道472号線の国道側では,もうひとつの搬入路が完成間近でした。
a0117563_1041164.jpg

のり面は在来の植物で緑化するんじゃなかったんですか?事業者さん!これ,灰色ですよ!
せめて自分で表明したことくらいちゃんとやってください。


 今回の震災で,千葉県の東京湾側埋め立て地では液状化現象が起こり,住民の皆さんが被災されています。一刻も早い復旧をお祈りします。

 北川湿地を埋め立てて宅地にして大丈夫なんですか?事業者さん!三浦市の皆さん!
[PR]
by mito-kitagawa | 2011-03-25 10:51 | 工事の進展具合

1月26日 現地

1月26日,冬空の下,現地に行ってみました。

沈砂池は完成したのでしょうか,水が入っていました。
a0117563_8484044.jpg



湿地面だったところから1段高い部分に泥が積まれはじめていました。
a0117563_850638.jpg


同行していた,某新聞の記者さんがこう言いました
「ここが湿地だったんですか,全くわかりませんねぇ・・・」

私は「はっ」としました。こうしてここが湿地だったことが多くの人に知られることなく埋められていく。
日本の各地で昭和の時代から起きてきた自然に対する冒涜,無責任な改変がここでも着々と続いている。

私の脳裏には,豊かだった北川湿地 -今頃は枯れたヨシの下に鮮やかなセリの緑が萌え出でていた- がまじまじと思い出せるのに,当時の北川湿地を知らない方から見れば,ただの残土処分場でしかないのです。

遠く富士山の景色も,今日は霞んで見えました。
a0117563_8582315.jpg


2月2日は「世界湿地の日」です。
日本国際湿地保全連合HP
[PR]
by mito-kitagawa | 2011-01-26 23:59 | 工事の進展具合

12月23日 現地の様子

12月23日(祝),現地の様子を写真に撮ったのでご報告します。
農地側搬入路入り口で少し立ち止まり,ダンプが入ってくるのを見ていました。少しの間でしたが,何台ものダンプが入ってきました。
a0117563_311409.jpg


谷戸底で泥を降ろし,平らにならします。
なんだか,バスタブに水を1滴1滴入れているような感じで,気が遠くなるような,何か恐ろしいような感覚がしました。
a0117563_3141369.jpg
a0117563_3144711.jpg


よく見ると,谷戸底を広げるように斜面が削られています。
a0117563_31691.jpg


国道側の搬入路も完成間近でした。
a0117563_3171564.jpg


泥を入れられて樹木を切り払われ,過去には遠くからは見ることができなかった湿地面が見えます。この辺りは,ゲンジボタルが乱舞するところです。轍が痛々しく輝いているのがわかります。
a0117563_320659.jpg

[PR]
by mito-kitagawa | 2010-12-23 23:59 | 工事の進展具合

京急は工事の約束を守らない

京急はダンプの搬入は朝8時からと約束していたのに、まったく守っていません。

朝8時の京急開発本部側搬入路の状況です。

8月4日(水) 入場ゲート前にダンプ3台待機
8月5日(木) 入場ゲート前にダンプ8台待機
8月6日(金) 入場ゲート前にダンプ8台待機  事務所前に大型トレーラー1台待機
8月7日(土) 6時50分にダンプ3台が連なって入って行き、一台が入場ゲート右側奥へ進入していき、2台がゲート前で待機
8月9日(月) 事務所前に大型トレーラー2台が待機

京急の職員はこの状況をどう考えているのか、搬入業者へ「8時からだから早く来てもらっては困る」と注意することは出来ないのか。
こんなモラルの低い企業の事業が7年間続くと思うと不安でなりません。
[PR]
by mito-kitagawa | 2010-08-10 23:01 | 工事の進展具合

ダンプはどこから来ている?

7月24日(土),たくさんのダンプが泥を運んできていました。
搬入路から湿地へ下りると,上流部の方へ向かいました。
上流部もどんどん埋め立てられるのでしょう。
裁判になっていることなど,お構いなしです。
埋めた者勝ちということでしょうか?ひどい話です。

ダンプのナンバープレートは,横浜,湘南,相模,そしてなんと山梨
神奈川県内の発生土ではなかったのですか?
それともダンプが出稼ぎなのですか?


ダンプの多くは産業廃棄物を載せる表示がしてありました。
積んでいたのは一見泥でした。
ゲートで秤に乗った後は泥の検査をすることもなく搬入路へ。
これでは,何が埋められているか全くわかりませんね。


a0117563_944434.jpg

[PR]
by mito-kitagawa | 2010-07-24 17:34 | 工事の進展具合

上流部現地の様子

工事はどんどん進んでいます。
裁判におけるのらりくらりの被告代理人の姿を重ね合わせると,
本当に怒りがこみ上げてきます。

こんなサイトがあります。
「北川の杜 北川湿地とその森」
http://eeg.jp/dpA5

まさに定点観測的に工事の進行状況が記録されています。
京急による暴力的環境破壊の威力は,
緑を求めてここにお住まいの方々の心を踏みにじります。

[PR]
by mito-kitagawa | 2010-07-11 10:16 | 工事の進展具合

4月29日 休日なのに工事は進む・・・

4月29日の工事の進行状況です。
搬入路のアスファルト舗装が進んでいました。
休日なのに,なぜこんなにも工事を急ぐのでしょうか?!
a0117563_15553648.jpg
a0117563_15561532.jpg
a0117563_15565156.jpg
a0117563_15574956.jpg

[PR]
by mito-kitagawa | 2010-04-29 15:58 | 工事の進展具合

現地の状況

北川湿地の現状をご紹介します。


a0117563_1523862.jpg

搬入路ができたぶん,削り取った土砂の一部でしょうか,湿地面に運ばれています。


a0117563_1533249.jpg

市道(クリ林があった所)は進入禁止です。


a0117563_1541595.jpg

この画像と次のビデオを比べてください。どちらが豊かでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=UDooZYN1qKw


a0117563_1544449.jpg

この日も富士山はきれいでした。
[PR]
by mito-kitagawa | 2010-03-20 02:04 | 工事の進展具合

ゴミの処理

ビニールの袋やプラスチック,ビニールマルチなどの農業廃棄物が,搬入路の造成工事の際にいっしょになって造成されている問題について,三浦市と神奈川県に確認しました。

三浦市環境部廃棄物対策課長
神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター環境調整課長

にお伺いしました。三浦市,神奈川県ともに
「事業者に適正に処理するよう指導している」という回答でした。
今後の処理の状況を見守りたいと思います。
また,このような造成のしかたは,環境影響評価書にないものでしたので,県に問い合わせをしました。
神奈川県環境農政部のコメントは,「事業者は計画に従って適正に進めているとコメントしている」との回答でした。少なくとも事業計画を逸脱した行為については,許可取り消しを含めた強い姿勢で指導していただきたいものです。

事業者は工事施工者への連絡指導を徹底していただきたいと思います。

それにしても,ゴミを捨てたのは事業者ではありません!
事業者も不必要な出費でたいへんです。
不必要な出費が回り回って市民への「付け」となります。
自然環境についてあまりにも理解のないこの農業廃棄物,
捨てるだけ捨てておいて,事業者に処分させる発想,
何とかならないんでしょうか?
a0117563_10285794.jpg

[PR]
by mito-kitagawa | 2009-11-22 10:36 | 工事の進展具合

ゴミもいっしょ!

造成が始まっているところの地面を見ると、ゴミがたくさん混ざっているのがわかります。
これらはマルチ、肥料袋、防鳥網、野菜くず、育苗箱など、すべて農業廃棄物です。軽トラックもあります。
先日ご紹介した平成18年9月25日の三浦市議会の中でも,不法投棄されたゴミの問題が出ており、不法投棄がさらに増えるから残土処分場を急ぐのだ,という話です。

a0117563_20581566.jpg


しかし、実際は不法投棄された廃棄物を取り除くどころか、土砂と一緒に混ぜて造成されています。
もちろん廃棄物最終処分場の許認可等はありませんので、もし廃棄物を埋め立てるのであれば廃棄物処理法違反です。
ここは、緑色で示した市道483号線からよくご覧になれますので、皆さんもご確認ください。
赤い丸の部分に廃棄物が多く埋め立てられていますが、不法投棄はそれ以外にも何カ所も見受けられます。
廃棄物が適正に処理されないまま地中にある状態では、もちろん宅地の基盤にもなりませんし、農産物や海産物にも影響を及ぼすでしょう。

a0117563_215930.jpg

[PR]
by mito-kitagawa | 2009-11-06 04:55 | 工事の進展具合