神奈川県に要望書を提出しました

 県庁に行き,環境農政部環境計画課を訪ねました。
 次の内容の要望書を提出しました。要点のみご紹介します。

私たち三浦・三戸自然環境保全連絡会は,北川湿地に生息していた希少生物の保全と生物多様性の保全のために,神奈川県に対し次のことを要望します。
 1 少なくとも三浦市三戸地区発生土処分場建設事業環境影響評価書に書かれた環境保全対策が事業者により実行され,神奈川県として生物多様性を確保するよう事業者に対する指導を求めます
 2 事業者の環境保全に対する対応が不十分な場合,事業を中断する指導を求めます
 3 神奈川県環境影響評価条例において,事業者に対する適正な指導および罰則規定を設けることを検討するよう求めます


 昨年4月に提出された第1回事後報告書は,評価書に書かれた環境保全対策さえないがしろにしたものでした。もうすぐ第2回の報告書が出されるのではないかと思います。しかし,現状のままでは,犠牲になった北川湿地の生き物たちがあまりにも無駄死にです。神奈川県には,生物多様性の保全についての毅然とした姿勢を求めます。
 2009年6月にはこんなこともありました。↓
http://mitomiura.exblog.jp/8443676/
 なお,文書による回答をいただく予定になっております。回答をいただきましたら,またご報告いたします。
[PR]
by mito-kitagawa | 2011-03-23 16:00 | ニュース
<< 工事は急ピッチに 2月6日 東京新聞 >>