「ほっ」と。キャンペーン

生活と自治 9月号 に北川湿地が取り上げられました

雑誌「生活と自治」9月号
No.497に北川湿地のことが取り上げられました。

時のかたち 第3回 北川湿地

止まらない開発
生物多様性が注目されるこの時代にあって、神奈川県内最大級ともいわれる湿地が、開発の名のもと人の手で消されていく-。

そして,記事はこう結ばれています。
「裁判を続ける間も、工事が止まらない。開発計画の実行こそが豊かさに通じると信じる心が、北川湿地を消していく。そして湿地など、初めからなかった、豊かな生態系も存在しなかったといわんばかりに新しい事実がつくられていくのである。」
[PR]
by mito-kitagawa | 2010-08-20 21:25 | マスコミ、取材
<< 8月25日裁判官の現地視察 仮処分申し立ての記事 >>