仮処分申し立ての記事

神奈川新聞に,
北川湿地での処分場整備事業差し止め求め申し立て、住民らが横浜地裁に
という記事が出ました。

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1008180016/

差し止め訴訟にお構いなく,かえって埋立を急ぐ京急は社会的責任をどう考えているのでしょうか?

「環境影響予測評価書案の意見書に対する見解書」
平成20年10月 京浜急行電鉄株式会社

には,意見書に対する見解としてp.83にこう書いてあります。

「工事は北川の下流域から着工し,上流域の谷戸の環境は工程計画から見ても着手後2年程度は保全されることになり,実施区域に生息する動物が工事により移動する期間や繁殖期の確保が出来るよう可能な限り配慮いたします。」

せめて自分で表明したことくらい守ってくださいよ,京急さん。
25日の裁判官現地視察までに「原告北川湿地」を埋めてしまうのは道義的にあまりにも卑怯です。

[PR]
by mito-kitagawa | 2010-08-18 16:57 | ニュース
<< 生活と自治 9月号 に北川湿地... 第3回公判が行われました >>