日経エコロジー9月号

日経エコロジー9月号に北川湿地のことが取りあげられています。
生物多様性
三浦半島で「自然の権利」訴訟
北川湿地の工事差し止め求める


http://emf.nikkeibp.co.jp/emf/eco/saishingo/

写真のコメントには
「今春から発生土処分場の工事が始まった北川湿地。
保護区にした小網代の森の乾燥化が進む中、
豊かな水が保たれている北川湿地の価値が相対的に高まっている」

とあります。

自然の権利訴訟が「自然の価値を考える契機に」なるでしょうか。
本来は企業や行政がきちんと自然の権利を認識する必要があります。

[PR]
by mito-kitagawa | 2010-08-13 15:13 | マスコミ、取材
<< 第3回公判が行われました 京急は工事の約束を守らない >>